すぐわかる!スイングポップ購入サイト6選

トップページ > スイングポップの豆知識 > スイングタイプのポップの利用方法や活用方法

スイングタイプのポップの利用方法や活用方法

商品を販売している企業にとっては、商品をアピールしてより多くのお客さんに興味を持ってもらい購入してもらうことが重要となりますよね。
そのためCMだったり大きなポスターや看板などを活用してアピールするプロモーション活動が重要になります。
そんな中でも小さいアイテムではありますが、ピンポイントで商品を注目させる効果がたかいのがスイングタイプのポップになりますよ。
スイングタイプのポップですが、よく見かけるのが商品棚になります。
おすすめですや効果絶大など目を引く言葉と合わせて、商品をピンポイントに差している広告がありますよね。
どうしても商品を探しているお客側としては、おすすめなどと書かれていれば気になりますよね。
スイングタイプのポップ自体は、ユーザーの気になるという気持ちを駆り立てる効果が高いプロモーション方法となります。


スイングタイプのポップ自体は看板や広告のように派手さや大きさはありませんが、小さく揺れながら動きで目を引いて商品に注目させる効果が高いですよね。
そのほかに様々な商品や場所に活用できるという特徴もありますよ。
また1つの場所に使用しても、別の場所で活用することもできるので状況に合わせて使い分けることができるという点も大きいです。
プロモーション効果として優秀なスイングタイプのポップですが、工夫することで様々な利用方法もできます。
まずポップ自体はシンプルに丸い形が多いですが、星型にしたり三角や六角形といった形などにすることも可能です。
そのため通常であれば丸型を利用し、より注目をしてほしいタイプには星を利用するなど同じポップでも違いを作る事でより注目効果を高めることができますよ。


また本来ポップには商品紹介が印刷されますが、より多く活用するのであれば文字などがおすすめですね。
文字でおすすめや当店いちおしといった言葉であれば、1つの商品に限定せずに流用ができますよね。
また実際におすすめ商品が変わるたびにポップをつける位置を変えるだけなので、コスト面でもお得ですね。
またより便利な利用方法となるのがポップ1つに1文字を印刷したものを並べるという方法もあります。
おすすめという言葉を4つのポップで表現することで、より注目があつまり面白さのあるプロモーション効果が得られます。
また店内ではなく風邪通りの多い入口付近や店頭商品に利用することで、自然に揺れる動きが強くなりポップの効果を高めることも自然に行えます。
スイングタイプは他の広告に比べるとかなり小さいですが、その小ささと独特の動きを有効的に活用して利用することが重要といえますね。

次の記事へ